妄想見聞録

自転車乗ったり、ボードゲームしたり。欲求のまま生きた記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BRM518 西東京 富士 300km 完走しました!

先週の土曜の夜から日曜の夕方にかけて、AJ西東京主催の、BRM518富士300kmを走ってきました!

正月の200を走って以来、膝の痛みに泣かされてDNF続きでしたが
初のナイトラン、初の300にも関わらず無事完走できました。




夜スタートなので昼寝を四時間程、蒸気のアロママスクでしっかり眠る事ができて、まずは一安心。
カフェイン錠とブラックブラックも用意して、とにかく居眠りはしない構えです。

天気予報は直前で好転していましたが、山なので天気は変わりやすいと思い、ライトやガーミンをラップでくるんで簡易防水して備えました。

22時にスタート、最初は町田から湘南まで下ります、ほぼフラットで時間を稼ぐはずが、向かい風にやられてなかなかスピードに乗らず苦戦。

ドンドン抜かれていつもの最後尾あたりをマークした所で通過チェックの江ノ島へ、海沿いは気持ちいいですね、風さえなけれは(^_^;)

という事で、楽勝と思われた小田原までの道もヒーヒーになりながら早くもDNFしたい気持ちに駆られます…。

しかし、体に痛みが有るわけでもなし、マックに寄ったり、コンビニに寄ったり、何とかモチベーションを維持しつつPC1の小田原へ。


ゆっくりしたい所ですが、ここから先は最初の登り、余り余裕もないので休みも程々にリスタート。

一人で登る山道ほど寂しいものは無いので必死に他の参加者の方を追いかけるも、皆さん早く、結局殆どソロで御殿場まで。

サドルの上で迎える初めての朝は、ドデカい富士山でした。



肉眼ではもっとハッキリと大きな富士山で感動的でした。

田んぼの真ん中で鳥がさえずる中、体のダメージを殆ど受けずに御殿場を通過。

ここから先は沼津まで長い長い緩やかな下り、指付きのグローブに変えて、安全第一で下ります。



富士300だけあって、登ってても下ってても、常に富士山が視界に入ってきます。

沼津、富士宮と抜けてPC2へ、貯金は一時間程度。



ここからの長い登りを思うと、もう少し欲しい所ではありますが、リタイヤしていないだけでも儲け物と言い聞かせ、
補給の少なさそうな登りに備えるため、ペットボトルをフロントに、一本満足とカロリーメイトを仕入れていつもより多めの荷物でスタート。

お昼をすぎると日差しも強く、暑くてたまらない。
田園、高原と抜けて何時の間にか樹海地帯に入っていました。









日差しを遮ってくれるので思ったよりも快適なのですが、これまでの疲れもあったので、傾斜のキツイ所では戦略的押し歩きを敢行(笑)

何とか本栖湖の見えるピークに到着、最高の眺めでした。



ここまで登ってしまえば後は下るだけ、と思いきや、ここでこの旅一番のピンチに。

路面の荒れたアスファルトで前輪が左右に暴れだして制御不能になり、あわや落車、車線に飛び出して引かれそうになりました。
何とか止まる事ができて一安心。

実は山中湖から富士吉田に下る荒れた道でも同様の症状が出たことがあり、ショップに相談していたのですが、今回も出てしまいました。

アスファルトが綺麗な所では出ないので、危なそうな場所は前持ってわかるのですが、原因が掴めないので困っています。
ショップで相談したときは前輪に荷重が足りないのでは?
とのことで多少意識していたのですが、、、タイヤの空気圧が高すぎるのかも、とか色々考えていますが、何とも。

眠気も、浮かれ気分も一気に消え、安全第一のビビりモードで再スタート。

富士吉田の交差点を曲がって都留を抜けて、もはやお馴染みの井倉のセブンイレブンへ。
貯金は一時間を切っているくらいなので休みもそこそこに切り上げ、
最後の峠(のつもりだった)雛鶴峠へ向かいます。

いつもは逆から登っているので新鮮な感覚ですね、
ここでも戦略的押し歩き(笑)を実施し、ふと気付くと左膝に違和感が…。

腸頚靭帯炎は右足だったのですが、ついに左足もなってしまったかと、
べダルを回すと膝がぶれ始めていたので、かなり絶望的な気持ちになりましたが、ダンシングではまっすぐ回せたのでここから先、全てダンシングでこなす覚悟を決めます(!)

雛鶴を越えた先、道志道まで行ってしまえば、本当に一回もペダルをこがなくても市街地まで行けるはず、何とかなるっ!

と、ここ一番のテンションでへそくり体力を引き出します。

本当にオールダンシングで最後の登りをこなして、道志の下りに入る事ができ、一安心ですが、今度は時間がギリギリで、結局そこからももがく羽目に、
そして市街地に入った所で、今度は雨。
このために準備していたんだなぁ、と、妙に冷静になって、耳当てビニールでメーター類を保護し、市街地を疾走します。

車と、傘さし自転車、急な雨なのでみんな急いでいる。
ことさらに用心して、最後の最後まで気を抜かずに無事に根岸の交差点に辿り着くことができました。

リタイヤ続きの悔しさやら、不安からの開放やら、いろんな感情が混じって、
ケルビムさんの横断歩道でお迎えの声をかけていただいた時に、ウルっときました。

結果は制限時間に30分ほど余裕をもってゴールとなりました。

道中ずーっと富士山が見えて、田園地帯を登って行く所が、本当に気持ちの良いコースでした。



AJ西東京のスタッフの皆様、コースでご一緒した皆さん、ありがとうございました。

次のブルべは400、富士山大回りに参加予定です。



手袋のパットがぺしゃんこになって掌があざになってしまいました(^_^;)
いい加減、買い換えるようですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/20 18:16 ] ブルべ | TB(0) | CM(2)
挨拶できずに
完走をおめでとうございます。
スタート地点でお声をかけようとしたのですが、
まったく反対の位置にて、歩み寄ろうとしたら、ブリーフィングの号令。あいさつできずとても残念でした。
最後に雨に降られたのですね。お疲れ様でした。
基本的には天気と気温はまずまずだったのでよかったです。

 でも、自転車心配ですね。空気圧の問題でないと考えると、前輪のぶれはレバーかホイルの問題かな。大事なパーツなのでこの辺はよく整備してもらった方がいいかもしれませんね。
[ 2013/05/20 23:35 ] [ 編集 ]
>Kaolさん
コメントありがとうございます。
ご無事の完走、お疲れ様でした。
私も是非ともご挨拶をと思っていたのですが、残念でした。
いずれお顔合わせできるかと思いますので、次回よろしくお願いします。

当初の雨予報に比べれば、非常に自転車向けの天候でしたね!
乗っていて本当に気持ちの良い時間が過ごせました。

前輪の暴れは、本当にトラウマになってしまっているので、色々な方にご意見伺って
何とかしておきたいと思います。
[ 2013/05/21 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。