FC2ブログ

妄想見聞録

自転車乗ったり、ボードゲームしたり。欲求のまま生きた記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013BRM706 千葉 600㎞ 茂木クラシック 第ニ夜

PC終わりからすぐに三石山への林道に入ります。






大好物のダムと、そこそこ好物の登り。いきなり蛇が道にいてびっくりしたり。



遅々としながらも、終わらない登りは無いと自分に言い聞かせる。

そこまで苦しまずに、そつなく登りをこなして、平坦路を海に向かってひた走ります。

途中でどーしてもアミノバイタルが欲しくなって、ドラッグストアに寄り道w

膝にちょっと違和感を感じたので、エアーサロンパスも調達して、万全の体制でPC4 ローソン一宮海岸店に到着。
時刻は19:29、貯金はたったの30分(>_<)

カップヌードルをフニャフニャにしてから食べて、ここから先は九十九里浜沿いで平坦ボーナスステージ!

暗くて海は見えなかったけど、道路の上を動く無数のカニを避けながら必死に飛ばす!



あっという間のボーナスステージでした。フラワーラインといい、房総の海沿いは本当に気持ちの良い道ですね。

内陸に向かうと、またもや向かい風モードに突入。いい加減慣れてきましたw
無心でペダルを踏みます。成田空港のすぐ近くなので、飛行機がバンバン飛んで行く姿が綺麗。(写真撮ってる余裕は無い。)

PC5セブンイレブン下総成井店へは
23時21分に到着。



貯金は50分、暑い。
野菜ジュースとセブンカフェのアイスコーヒーを購入して、中の氷だけ利用
(大袋を買って氷捨てるのには抵抗が…、背中に入れるには少し冷たすぎるし)

こんな時間なのに、スタッフの方に出迎えていただいて感動。
行ってきまーす!と声だけは元気に、しかし頭の中は仮眠をどうするかでいっぱいに。

あずま健康センター、ご老公の湯、ラブホ一人泊まり(得意技ですw)
今思うと、道端寝の選択肢を消していたのと、
二時間以上は寝る、という考えに縛られていたのが今回の反省点。

疲れたままダラダラと走り続ければ、ペースもあがらず
貯金を無駄に削ってしまいました。







霞ヶ浦に到着した時点で、結構眠い。
ブラックブラック投入でなんとかなったものの、ペースは下降する一方。



PC6に到着は2時47分。
貯金は一時間。
何故かずーーっとブリトーが食べたくて、その他諸々大補給。

ご老公の湯に行くか、ここで少し仮眠取るか、バス停or公園を探すかの三択。

これまで前後していたさなづらさんは
ここで少し休んで行くという。
僕はまだ足が進むから、もう少し行こうと、バス停公園パターンを選択。
(ここが今回の旅一番の失敗)

この先、バス停もなけりゃコンビニすら無い。




結局走り続けて、朝を迎える。



眠くて仕方ないので、やっと見つけたセブンイレブンで少しだけ目を閉じる。

迫り来るタイムリミット。

落ち着かない。

なんだか、中途半端な感じで再スタート。

でも結局眠い。

眠眠打破を入れるタイミングを失って、止まる決断もできないままダラダラ進む。


村営の野球場の端っこで三十分の仮眠を取る。

ペース的にはこの後20km/h縛りになってしまうけど、仕方ない。
このまま走るのは、とにかく駄目。

朝日と共に寝て、気温の上昇と共に起床。

結構回復してる(気持ちだけは)
ここから平坦か、下りだろう!なんて根拠も無い思い込みで足に力を入れます。









そして、直後の茂木に向かう登りで、心がポッキリと折れました。







立って寝五分、少し泣いて、里山サイクリングモードに切り替え。

とにかく茂木クラシックなのだから
茂木まで行こう、と。





PC7セブンイレブン茂木バイパス店へは9時過ぎに到着。

道中お声がけいただいた試走スタッフのシンさんと、初っ端拾っていただいたガクさんと再開し、なんだかホッとしました。

ガクさんも大分足がやられたそうでここでDNFとの事。

悔しさと、道中の応援への感謝と、色々お話しして記念レシートをゲットして、
僕の初めてのSRチャレンジは終わりました。



(何か梅酒やらサワーやら打ってありますが、前の人の打ち間違いで僕のじゃないですよ(^_^;))

茂木の駅でユメさんご夫妻とお会いして、輪行準備しながらしばしの談笑。

フレームの裏に色々ついててビックリしたり(笑)

茂木から輪行帰りでしたが、館山の乗り換えでぼーっとして目の前の列車に乗り遅れたり、各駅停車に、乗っちゃったり。まぁ、帰りはボケボケでした。



お家に帰るまでがブルべです。
その通り、無事に家につく事ができて良かったです。

また、チャレンジしたいです。

AJ千葉スタッフの皆様、本当にありがとうございました。しんどく、楽しい、挑戦しがいの有るコースでした。

特にシンさんとガクさんには特段の感謝です。PC1でリタイヤの崖っぷちから、まさかの茂木まで進めたのはお二人のお声がけがあったからです。

道中でご一緒した方々も、お疲れ様でした、またどこかでご一緒した際はよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2013/07/16 20:13 ] ブルべ | TB(0) | CM(3)

2013 BRM706 千葉 600㎞ 茂木クラシック 第一夜

先週末はAJ千葉さんの600㎞茂木クラシックに参加してきました!
300、400と完走でき、遂にSRか?と思いきや、やはり600の壁は厚かったです。
折り返しの茂木を過ぎたところでDNFとなりました。



スタートはお馴染みの袖ヶ浦海浜公園。
朝からとにかく風が強く、とても幸先の悪いスタートw

前週からの低気圧のせいか、眩暈が止まらず、コンディションは最悪のまま、
急な横風にハンドルを取られることも多く、初っ端から心がくじけまくります。

ど平坦なのに15㎞hをキープする事すら難しく、お腹も急降下、もう最悪です(>_<)

とにかく、走っていても辛いだけで、全く楽しくありません。

荒ぶるお腹をコンビニでなだめて、早々にDNF連絡をしようと外に出たところで、AJスタッフのお二方がすぐ後ろに。

「風に負けて、もうダメです~」
と、すっかり弱気な僕に、

「取り敢えず後ろについて、PC2からは追い風ですよ!」と声をかけていただいたのは千葉スタッフのガクさんでした。

この後マザー牧場の登りもあるし、まあ、タイムアウトだろうなぁと思いつつも、折角の600㎞の舞台だし、もうちょっと頑張ろう!

後ろを気遣いながら、前を引いていただいて走る中で、やる気を少しずつ回復させます。

なんとかマザー牧場を登りきり、今度はダウンヒル。
PC1のクローズにギリギリ間に合いそうだけに、とにかく慌てず、普段通りを心がけて慎重に下ります。

そんなこんなでPC1へは9:59着



クローズ10分前でギリギリですが、とにかく間に合った。
とにかく、胃が働いていなかったので、今日は固形物を食べない日と覚悟を決めて、ゼリー系を買い込み、即座に出発。

ここからPC2まではもみじロード、山の中だから少しは風も収まるかと思いきや、全く手加減がありません(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


相変わらずタイムアウトギリギリペースで
トロトロと走ります。

年明けの房総クラシックで膝痛のためDNFした三芳の道の駅を通り過ぎて、一つトラウマを解消。

先が長いからとにかく踏まないで行こうと思っていたのですが、タイムアウトになっては意味が無い。

館山の街中を抜けたところからPC2まで、なりふり構わず踏みました。

とても辛かったのですが何とか、本当にギリギリでpc2に到着。慌ててレシートを受け取ります。

時刻は13:08、なんとクローズ二分前。

何とか繋がって、ここからは海沿いを追い風ボーナスタイム。





前半なのにほぼ売り切れてしまった脚を、休めるように軽~くこなします。

とにかく間に合って嬉しくて、半分泣きながらも快調に、そして気持ちよく海沿いの平坦路を楽しみます。
時間に余裕は無いのでグルメはお預けです(笑)

曇りで日差しはそれ程ではなかったのですが、とにかく暑い、頭から腕、背中、冷やせるところは全部冷やします。

海沿いのボーナスステージも終わり、鴨川の有料道路からまた登りが始まります。

有料なんだから平坦にしろよなー、などと理不尽な悪態をつきながら
淡々とこなしてPC3

ここでやっと三十分の貯金が。
お腹も少しは調子を戻したので、そばやチキンなど、多少アグレッシブな補給もしていきます。



ロックアイスもどーんとでかい袋で買い、ボトルに詰めるだけ詰めて、周りの皆様にもお裾分け。とにかく、体冷やして行こうぜ作戦で先の三石山ヒルクライムに臨みます。
[ 2013/07/09 21:47 ] ブルべ | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。